カテゴリ:はまメモ( 13 )
@こはま
年の瀬所感
a0057527_22225019.jpg

もうすぐ、また一年が終わる。

大変な一年だった。
そう、ほんとうに苦しい一年だった。
いまだ以前の生活に戻れないひとが
たくさんいる。

でも、少なくとも自分の生活は
前と変わらずそこにある。

しらない間に、何かに蝕まれていたり
するけれど。
でも、決してかわらないものも
そこにある。

だいじなものがくっきりと見える。
これは今年得た大きな大きな収穫。
[PR]
@こはま by mhoi28 | 2011-12-17 22:18 | はまメモ
せつない夏 の理由
脱退したのはもうすでに2年前。
そのニュースを聞いた時もショックだったけど
バンド自体休止中だったし、なんとなく予感もあったから、
無理矢理納得していたわけですが。
a0057527_22275447.jpg
Johnがいないとやっぱりだめ、なんて
言わないけど、
ぜったい言わないけど
Johnがいなくて猛烈にさみしいと
思った夏。

あの、辛抱たまらん音色は
もうナマで聞けないんだろうか、
と毎日イヤホンから
何かを注入されている私の脳みそが
泣いています。



そんな切ない私の脳みそをいやしてくれる
Robert Pattinson  現在絶賛マイブーム中。
a0057527_22291491.jpg
世界中で、すでにすっかり
大人気らしいですけども、
大ブレイクした映画はともかく
(個人的に吸血鬼ものは好きだけど)
インタビュー映像にすっかり心をうばわれる。

あの、
笑った時の歯が辛抱たまらん。
・・・・・・小虎の影響で、
おかしなところにきゅんと
してますけども。



今のところ唯一のソウルメイトは
シェルターで出会った毛むくじゃらの愛犬

と言ったところで (たとえそれが恋人についての質問をかわす回答であっても)
Johnに次ぐ心の恋人に決定。
っていうかもう、ロブなりたいと思っている私の脳みそ。


そんなどうしようもないことをあれこれ考えながら
今年の夏を締めくくろうとしています。


[PR]
@こはま by mhoi28 | 2011-08-31 22:27 | はまメモ
国内の旅
a0057527_22394127.jpg

聞いただけの話と
実際に行って見るのとでは
ほんとうにずいぶん違うと
思う。

行きたいところ
行ってみたいところ
やりたいこと
やらなきゃと思うこと
いろいろあるけど

なかなか行動に移せないときは
もしかしたら自分が
現実を見ることに怯んでいるからかも
と思ったりした。



[PR]
@こはま by mhoi28 | 2011-08-10 22:38 | はまメモ
もしや乗り鉄?
a0057527_22422759.jpg

電車の旅が楽しいのは、
窓から見えるその土地で
暮らしている人びとのことを考えるのが
楽しいからに尽きます。

ここ数年、夫とは現地集合だけども
それもまたいと楽し。

小虎のブチをぽちっとしたら
ポケットサイズくらいになって
どこにでも連れて行けたらいいのに
とか無駄な妄想もしてみます。


[PR]
@こはま by mhoi28 | 2011-08-05 22:41 | はまメモ
ぜいたく
a0057527_22464455.jpg

最近なんだかとっても
せまいところに
ちまっと
おさまっていて、

わかりやすく言うなれば
東京の2区間くらいしか
移動してないことに
気づきました。

やばいやばい。
なんだろなんだろ。

ということで、あずさ号に
乗ってみたのが
2週間前のことでした。

松本城を眺めながら
小一時間。
いやはや。
ニッポン。
ええじゃないかニッポン。

[PR]
@こはま by mhoi28 | 2011-08-04 22:44 | はまメモ
そのとき
a0057527_22493131.jpg

地震の多い国にいるかぎり、
のがれられないんだろう。

そうわかってはいても、
いざ自然の脅威を目の当たりにすると
なすすべのなさに、呆然とする。

神戸の時の、あの気持ちを思い出す。
TVから流れる死者の名前が、時間を
おうごとに増えていく、あの絶望感。

地震があったとき、仕事をしていた。
その時、瞬時に思い出したのは、家にひとりでいる小虎のこと。
長く大きく揺れている間、小虎を助けに行かなくちゃ助けに行かなくちゃ
とばっかり思っていた。
電話はあっというまに繋がらなくなり、電車も止まった。

家に帰ると、小虎はいつも通りに迎えてくれた。
でも部屋の惨状を見て、きっと怖かったに違いないと思う。
地震があった瞬間は、怖かっただろうなあと。

でも、小虎はいつだって、同じテンションで私を迎えてくれる。
それがどれだけ私の心を救ってくれるだろう。
今私のそばには、わりと冷静に物事を捉えて発言してくれる人が多くてとても助かる。

人なんて、自然を前にしたらこんなにも無力だ。
でも全てを流されても、生きぬこうとしている人たちがたくさんいる。

たくさんの情報がある。確かに混乱もするし翻弄もされる。
でもその中で、正しい知識を得ること。
つらくて目をそらしたくなる光景が、TVから流されるけれど、そこから目をそらさないでおこう。
被災地の人たちの現実から目をそらさないでいよう。

これは自分の国で確かに起きている現実なのだ。

だいじょうぶ  って言ってくれてありがとう。
ほんとうに。



[PR]
@こはま by mhoi28 | 2011-03-16 22:48 | はまメモ
3.11
a0057527_18474878.jpg

ほんとうに、びっくりする。

何がおこるかわからない っていうのは常々思っていたのだけど。

a0057527_18482243.jpg

ことらが無事でよかった。

夫も帰ってきたけれど、帰ってきたらきたで激務だったりして。
それでも、遠くにいるよりはずっといい。

とにかく。どうかみんなで生きぬこう。







こんなときだけど、歌ってみたら気持ちが落ちついた。
おおこしキャスターを見ても落ちつく。おおこしさんは、本当にすてきなジャーナリストだなあ。



[PR]
@こはま by mhoi28 | 2011-03-15 18:46 | はまメモ
Sちゃんのけっこんしき
a0057527_2213223.jpg

Sちゃんとの出会いは、それはまさに
 "小虎っちがつないだ縁"でありました。
それもけっこう運命的な出会いでした。

その日はほんとうに蒸し暑くて、
小虎っちにとっては過酷な香港の夏の夜で
した。

散歩もままならず、出たとしてもあっというまに
呼吸が怪しくなって10分ともたず撤収の日々。
私の腕がむきむきと太くなる日々でも
ありました。(なぜなら小虎を担いで撤収)

その日、我が家から5分くらいのところにある
ポストまで日本への手紙を出しに行くのに
小虎も連れて行くことに。

散歩コースでもなければ、いつもの散歩時間
でもないけど、行けるときに行っとこう、
ということで私と小虎っちはムシムシの中
出かけたんでした。

a0057527_22142226.jpg

その帰り道、もうすでに呼吸がおかしい小虎っち
めがけて、とあるカップルが近づいてきました。
アジア系美女と西洋人男子のカップル。
男子に小虎っちの年齢を聞かれ、しどろもどろの
英語で答えた私に、そのアジア系美女は
言いました。

Are you Japanese?

英語で答えたのか日本語で答えたのかは
定かではないのだけど、なんとそのアジア系
美女も日本人ということが判明。
それも、フレブルが飼いたくて飼いたくて
もんもんとした日々を過ごしていたとのこと。
しかも、超ご近所。

その日の夜、家に戻った私は夫に報告しました。
「今日小虎がナンパされて、メアド交換したよ」

それ以来のお付き合いになります。
日本人同士なのに英語で日本人デスカ?って
聞かれたことは今でも笑い話になります。

ちなみにSちゃんは今、ベンガル猫の
飼い主さんです。
フレブルが飼いたかった、という想いは、
フレブル似のダンナさんを得たことで解消
されたと思われます。

なにはともあれ、Sちゃん本当におめでとう。

末永くお幸せになります、って自分で言うあなたを、小虎亭一同末永く応援しています。


a0057527_22153329.jpg

[PR]
@こはま by mhoi28 | 2010-07-17 21:50 | はまメモ
コタ
a0057527_22552679.jpg

虹の橋1丁目 コタじいへ

拝啓
コタじい、元気ですか?
こちらはじめじめとした毎日です。
暑い日は、コタじいもあまり得意では
なかったよね。

小虎も、なかなか思うように散歩に
行けない時期になりました。

最近また、お友達がそちらに
いったのだけど、もう会ったかな。
コタじいのまわりは、賑やかになるね。
でも、虹の橋に少しずつお友達が増えていくのは
やっぱり寂しいです。

どうかみんなによろしく。
あまり好きなものばかり食べないようにね。

                    かしこ
[PR]
@こはま by mhoi28 | 2010-06-27 22:54 | はまメモ
新学期
a0057527_2258947.jpg

早いもので、もう4月です。
今日はあちこちで入学式・入社式があったんですね。

春・4月が新学期・新年度の始まり、
というのも日本特有のサイクルだったと記憶してるんですが、
なんかいいですねえ。
フレッシュな空気が漂っています、あちこちで。

日本のいいところって、そういうところだ、
と気づいたのは台湾生活のせいでした。

春、桜が咲く頃に新生活が始まる、というような季節感があるということ。

a0057527_22592823.jpg

台湾は冬が本当に短いし、春を飛び越えて初夏、
みたいな気候になるのでやはり季節感が乏しい気がします。

夏はほんとーーにダラダラ長い。
お盆休み、というのもありません。
夏の花火大会もない。

四季折々の風物詩、というのが、
日本にはきっちり根付いているんだなーと
去年、あまりの台湾の暑さにややキレ気味に
なりながら思ったりしました。

そういうのって、けっこう大事なんですね。
人の感覚にとって。
(そのわりに、あまりちゃんと行事を実行しない我が家でありますが・汗)

この時期になると、
我が夫が決まって言うセリフは、

「おれ、サークル勧誘されないんだけど?」
(もうかれこれ何年も言い続けてるけど、
勧誘されたことが今まで一度でもあったかと問いたい)
(というか、
どーー見ても立派なサラリーマン風情なのに図々しいにもほどがあります)

某大学近所に住まう我が家にとって、
この時期は「新年度」よりも「新学期」のカホリが
ぷんぷんです。

※注 写真は、なんだかんだ言いつつ台湾を懐かしみ、
ついにディンタイフォンへ行ってしまったときのもの


[PR]
@こはま by mhoi28 | 2010-04-02 22:57 | はまメモ



あばうと@小虎亭

出戻った小虎亭

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


"just how cool it is
to be a dog and how much
it beats human life" 






あばうと@小虎亭

◇小虎
(フレンチぶる、
 ♂去勢済み、パイド)
  2005/3.20 生まれ
  2005/5.4 弟子入り
  





◇コタ(シーズー、♂、
05/1 虹の橋をわたる)


◇飼い主@オット&こはま 
       by mhoi28

カテゴリ
検索
記事ランキング
お気に入りブログ
外部リンク
以前の記事
人気ジャンル